小説新潮5月号に新作の短編「ミス・ホンビノスの憂鬱」が掲載されています。
船橋漁港を舞台にした、小さな船上バーの物語です。
ホンビノス貝という、東京湾に住み着いた外来種の貝の話を取り混ぜつつ、ある一人の女の子の苦悩の話です。ちょっとコメディ調で書いてみました。

小説新潮6月号にはR18文学賞受賞者対談も載っています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中