「誕生日の海岸」は波打ち際の物語。海辺は日々姿を変え、波は様々なものを連れ去ったり、運び込んだりする。
度重なる開発で幾度も姿を変え、埋め立てられた船橋の海岸。
嵐で消失した砂浜が30年ぶりに突然姿を現した、アイルランドのアキル島。
二つの異なる土地で出会った風景を繋ぎ、
写真、短編小説、その他様々な断片を用いて構成した作品。


Stories of items washed ashore.
The coastline of Funabashi has been formed by perpetual development and reclamation.
A beach on Achill Island in Ireland was washed away in a storm, only to reappear suddenly after 30 years.
Birthday beach utilizes photographs, short stories and various other media to connect these seemingly separate
stretches of land.